2018年8月6日月曜日

ベビーカステラ(No.181)

ベビーカステラが好きです。

最近、時を超えてそのルーツ
にひょっこりと出会いました。

これは記録せねばなるまい。

ベビーカステラをめぐる旅を。

夜店の屋台なんかで売ってる、
あの仰々しいマシーンで焼く
ベビーカステラ。

見かけると、条件反射的に買
ってしまうんですよね。
味もまあまあ好きなんですが、
何といっても魅力は、あのマ
シーン(ベビーカステラ器って
いうらしい)

未来からやって来たタコ焼き
器みたいな感じで、シビれます。

生地落とし(最近は、チャッキリ
って機械で落とすのが主流です
が、昔ながらの手落としが好み)
の見事な手さばき、鉄板を回転
させる機械音、出来上がったベ
ビーカステラを専用スコップで
操る一連の流れも見応え十分です。

そんな、ベビーカステラの魅力
に触れたのは、子ども頃。
住んでいた神戸市の須磨にある
須磨寺の縁日でした。

毎月21日の縁日には、参道の入口
付近に、ほぼ必ずベビーカステラ
の屋台がありました。
その職人的な技は見事で、子ども
心にウットリ。
そして、絶妙に混じっている半熟
(中身が生焼けで、クリームみたい
な状態)がまた美味い。

しっかりと、ベビーカステラ魂を
注入されました。


須磨には高校生の頃まで住んでい
たのですが、さすがに縁日に行く
こともほとんどなくなると、単に
ベビカラ(長いので短縮表記ね)
かしいね~、な感じになっていき
ました。
が、もちろんベビカラ魂を忘れた
わけではありません。

ーーーーーーー

さて、ここからが、やっと本題。
時は50年ほど流れます。

須磨の前、産まれてから小1までは、
その隣の区である長田に住んでいて、
この夏に、ひょんなことから長田に
行ってみたんです。

目的は、その頃近所だった長田神社
にお参りする事と、高取山に登る事。
52年ぶりです。



長田神社も高取山も、亡き母と何度
か一緒に行った記憶がうっすらとあ
る程度なんですが、なぜかずっと気
になる場所だったんですよね。

節分行事・追儺式で有名な長田神社。
新田次郎の小説「孤高の人」の冒頭
の舞台である高取山。
長田の住人は、自然に山に手を合わ
せ、長田神社を拝みます。


他の用事もあったので、朝一で
長田神社にお参りをし、その脚で
高取山へ向かいました。

その日は、朝から何も食べておらず、
何か食べ物が手に入る店はないかな、
と少しだけ遠回りをしたところに、
ひょっこり現れたのが、その加島の
玉子焼き屋さんです。


玉子焼き?と気になって店を覗くと、
そこはなんと創業95年にもなる
ベビカラ専門店ではありませんか。
もちろん、入りましたよ。


どうやら、ここに店を開いたのは
4年前。それまでは、長田神社の参道
で屋台を出していた、とお店の人に
聞きました。

いいなぁ、ベビカラ専門店。
ボク、ベビーカステラ大好きなんです
よ~、とか話しながら1番少ない袋を
購入。

コレが実に美味しかった。
袋に入っている焼き立てを、一個ずつ
大切に食べながら高取山を登りました。


長田神社にもお参りでき、高取山
にも登り、52年ぶりの宿題を片付
けたような気分で、とても満足。
それに、たまたま好きなベビカラの
お店にも出会えたし。

用事も済ませ、帰りの夜行バスの
中で、記念にと捨てずに取っておい
た加島の玉子焼き屋さんの袋を見た
時に、驚きの事実にやっと気が付き
ました。


そこには、須磨寺参道の文字が。


52年ぶりに訪れた産まれ故郷で、
たまたま出会ったお店の味は、
ベビカラ好きにさせた屋台の
味そのものだったんです。

神事の後にお供物を食べることを
直会(なおらい)と言うんですが、
これって、期せずしてまさかの
ベビーカステラ直会


久しぶりに訪れた生まれ故郷の
神社と山は、粋な演出で出迎えて
くれたようでした。



ごちそう、ごちそう。

2018年1月3日水曜日

2018 NEW YEAR(No.180)

今年も、
どうぞよろしく
お願いいたします。


2018年 1月
ミノオカ・リョウスケ

2017年12月31日日曜日

著作(改訂版)発売中!(No.179)

カワウソ先生、かむばっーく!

もはや幻のあの迷作が、改訂版になって
発売されました。



「小学生の絵画 とっておきレッスン」
メイツ出版 1530円(税別)
ミノオカ・リョウスケ 著

です。

中身は前回とほとんど一緒ですが、
微妙に改訂していますよ。

一家に一冊、ぜひぜひ。


フットステップ企画その2(No.178)

2017年は、なんだかほとんど
コレをやっていたような気が
します。

それは、東京サマーランドで企画・制作した
「サマラン・フットステップ企画」
略して「S・F」です。


↑ 帽子も作りました。

長期かつ広範囲な作業になるため
一人ではなかなか難しい内容です。
なので、


↑ユニフォームも用意して、SF隊
(あしあとつくり隊)も結成。
ーー
そうなると、もちろんコレも、

↑ イベントキャラクターも制作です。

ーー
さらに、制作作業そのものも
イベントの一部なので、あれもこれも、


↑ 案内版です。その後、様々なバリエーション
 も制作しました。

ーー
そして、来園者に参加して楽しんでもらう
企画として、主に4月から真夏までの3ヶ月間
にわたって、園内遊園地にて実施・制作され
たのでした。


↑もちろん、説明グラフィックも数多く制作。

ーー
ところが、企画モノには付き物の様々な
問題も発生、企画内容はその都度変更を
余儀なくされていくのでした。


↑ ステージを飛び出して、延びていく白マル。

ーー
あらかじめ描いた白マルに、来場者は自らの
足形を残していくのですが、これが予想を
上回る大人気。
イベントを開始すると、あっという間に・・。

少ないスタッフでは、きちんとオペレーション
するのは難しくなったため、後半戦はミノオカ
が全体を盛り上げるためのグラフィック作業に
なっていきます。


↑ 東京サメーランド、です・・・


↑ こんな遊びも随所に・・・


↑ 夜にはライトアップされてみたり・・・

で、全体的には、こんな感じになりました↓


コツコツ描いているうちに、遊園地全体に
及ぶ大グラフィックになっています。
もはや地上絵状態ですね。

我ながら良く頑張りました、が、それ以上に
これだけの作業を許可しつつ仕事として成立
させていただいた東京サマーランドの太っ腹
と来場者を楽しませる意気込みには、感謝は
もちろん、頭が下がる思いです。

これらの絵も、残念ながらシーズンが終わると
上塗りされたり消されたり、の運命です。

が、様々なノウハウも得ました。

ぜひ、バージョンアップした新企画を!




2017年7月3日月曜日

フットステップ企画その1(No.177)

今年の前半戦はコレ。

東京サマーランドで行っている
フットステッププロジェクト
です。

2月から企画を始めて、4月から
現場でスタート。
6月で、まずは一息です。

詳しい内容は、また後日報告!

マップ工作ワークショップ(No.176)

ずいぶんと前の事になって
しまいましたが、3月の末に
地図作りのワークショップ
をしました。

場所は埼玉県の狭山市にある、
ネッツトヨタ狭山台店の
ショールーム。

3月25日(土)・26日(日)の
二日間です。



会場風景は、こんな感じ。

内容は、地図工作。
来場者(主に家族連れの子ども)
と一緒に、ショールームの周辺
地図を作っていきました。

まずは、元になる地図を前日に
用意・・・。


ワークショップは準備が重要なので、
これ作るだけで徹夜に。

なにせ、ヨコ1.8m、タテ3mですから
予想外の苦戦で、大反省です。



イベントでは、子どもたちがこんな
車を作り、地図のベースに張付けて
走らせます。
(色は6色用意しました)

車は一緒にレクチャーして作り、
その他なんでも街の絵もオーケー。

2日間かけて、みんなの街のマップ
を完成させました。

できたマップは・・・


コレです!

どんどん貼ったのですが、さすがに
これくらい大きいと、2日間くらい
では埋まりません。

でも、雰囲気は出ましたね。

ところで、ワークショップをしてる
様子の写真がありませんよね。

ひとりでやってると、全く写真を
撮る余裕がないんですね。

これも反省。

自分の作品を作るだけではなく、
ゲストと一緒に作り上げていく
参加制作形の仕事は、企画と経験が
大事、ですね。

なによりも、楽しんでくれた参加者
の笑顔が、一番。

良い雰囲気と、良い思い出作りの
演出をいつも心がけています。




2016年12月23日金曜日

地図的!アートワーク(No.175)

講談社FS(フェーマススクールズ)の
会員誌の表紙と巻頭特集を制作させて
いただきました。


制作したのは、表紙と巻頭6ページ分。

全ての取材と写真、文章とイラスト、
レイアウトデザインまで、つまり全部
まるごと制作。

なかなか面白い(と思ってます)内容
なのですが、残念ながら会員誌なので
表に出ることはありません。

うーん、それは残念(←自分が、ね)。
なので、この場で解説と共に、中身を
公開いたしましょう。

内容は、画像を拡大して読んでね。

ーー
まず、表紙↓
今回のテーマは「地図的!アートワーク」
です。
なんだそりゃ?ですよね。

講談社FSは、絵を勉強する人が利用する
添削サービスを提供している会社なので、
テーマはもちろん、絵に関することです。

そこで今回は、地図を描いたり読み解い
たりするように、絵(主に絵本関係)の
超ベテランの方々にインタビューをして、
絵を勉強している方々に対するアドバイス
をいただこう、という企画です。

ミノオカはイラストマップを制作する仕事
も得意にしているので、それと絡めて鎌倉
のアートマップのようなものも組み込んで
しまおう、という複合企画でもあります。

ま、かなり無理矢理ですが、読んで楽しく、
そこはかとなく役に立つ(ような気がする)
ミノオカの作風がそのまま出てますね。
(とうことにしておいてください。)

ーー
はい、では表紙をめくって1〜2ページ↓


どーんと、鎌倉のイラストマップです。

これは、ミノオカがコツコツ制作している
マップを活用しました。

このマップはベースだけ作ってあるもので、
目的に応じて様々なアイテムを描きたして
バージョンアップ出来るようにできてます。

今回の特集では、活用例にもなってますね。
利用してみたい、という方はぜひご連絡く
ださい!(と、宣伝)。

さて、内容ですが、インタビューした4名
を紹介しています。これを見ると気が付き
ますね。そう、全てミノオカのご近所さん
なのです。

これには訳があるんですが、それは後述。

ーー
さて、さらにめくって3〜4ページ↓

絵本・創作紙芝居作家のN野ヒデ子さん、
絵本ライター・シンガーソングライターの
N川ひろたかさん、のインタビューです。

(画像を拡大して読んでね)

自宅やアトリエ、お店にお邪魔させていた
だき、お話を聞きました。
さすが絵本界の超ベテランにして実力者。
金言の数々をいただきました。

なんというか、ほとんどミノオカが励まさ
れていただけのような気がしないでもない
のですが、記事を読む人も同じように感じ
ていただければ、と意図してます。

ーー
そして、まためくって5〜6ページ↓

元・長岡造形大学の学長であるK田豊成さん、
イラストレーターのN藤三重子さんご夫婦です。

すごい人がご近所にいたもんだな〜、と勝手
に感心しつつ、図々しくもお二人のお店に伺っ
てお話を伺いました。

(画像を拡大して読んでね)

金言レベルはさらに上がり、もう生き方指南
のありがたさです。文章力の限界もありますが、
記事で上手く伝わればいいなあ。

実は、インタビューの内容よりも、この地(
鎌倉の佐助ヶ谷)の50年前の様子の話が面白
すぎて、かなり長い時間話し込んでしまいま
した。

実は、もう1名、ミノオカの好きなご近所作家
さんを紹介したかったのですが、残念ながら
時間切れで掲載できませんでした。無念。

なので、ミノオカのマップ仕事を掲載。


特に、この絵本「おいしいレモン」で描いた
異時同図的なマップ風絵は、またぜひ描いて
みたい表現でもあります。
延々とこんな感じでロードムービー的に長々
と続いていって楽しめる絵巻物みたいな絵本
を創ってみたいですねー。

ーー

こんな感じの、表紙と巻頭特集6ページでした。

ところで、この記事で取材させていただいた
作家の方々は、全てノーギャラ!で受けていた
だきました。あまりにもありがたくて、もう
頭が上がりません。

結果的に、1960年代生まれのミノオカが、
50年代、40年代、30年代生まれの諸先輩方に
話を聞く展開にもなってます。

たまたまご近所に大御所作家さんたちが住んで
いて、以前から個人的に交流があったからこそ
実現したこの企画、ミノオカ自身が一番教えられ、
励まされつつ、人の情けのありがたさをヒシヒシ
を感じたのでした。

そんな雰囲気が、記事を読む人に少しでも伝わ
ることを願って止みませんです、ほんとに。